古代染織研究所

本草木染めストール エルヴァクオーレ

イタリア語で「Erba」は草木、「cuore」は心。
私たちは自然を大変愛しています。
自然の中で、生まれ育った純草木だけを染色素材として使用しています。
染められる生地もまた、天然のブナの木の繊維と天然のシルクで織り上げた生地を使用しています。
すべてを自然の素材にこだわって、機械を一切使わず人間の手で染め上げた、世界に二つとないモノづくりを目指しています。すべてが自然の素材だからこそ、本当に人に優しいファッションが生まれました。
ストールは人の肌に直接触れます。しかし、本製品なら、すべてが自然のものなので、肌触りがとても良くアレルギーの心配も会いません。
私たちは常に自然に感謝しながらモノづくりを行っています。
そんな私たちに自然はいつも応えてくれました。その結果、世界に二つとない、また今までにあまり目に写ったことのない色の世界を創造することができました。
草木の心「erba cuore」は歴史と伝統文化、伝統技術に自然の魂を注ぎ、本物のモノづくり行う京都のブランドです。


モダールと天然草木の出会い


モダールとは、オーストリアに生息するブナの木の繊維から作られたレーヨンの一種で、レンチング社が開発した繊維です。モダールは天然のブナの木から作られているので、肌にもとても優しく、アレルギーの心配もありません。
また、モダールと天然染料の原料である蘇芳や矢車附子などと、とても相性が良く、染め付きも最高で美しい色を再現することができます。
古代染織研究所では、古代の染色技法をそのまま再現し、モダールの生地で最高品質のストールを作っています。すべての素材と原料を天然のものだけを使い、自然にこだわった物作りは多くの人々から大変喜ばれています。






モダール繊維の拡大写真


レーヨンは水濡れに弱い素材で、水洗い不可の場合がありますが、モダールは植物性なので水洗いに耐えられます。 モダ―ル自体は、水洗いできますが純植物染料で染色している物はタンブリング洗い(洗濯機、乾燥機などの回し洗い)は不可ですが、手洗いは可能です。






エルヴァクオーレ 大判ストール


本草木染めストール「エルヴァクオーレ」は、色鮮やかで肌に優しく感性豊かな逸品です。身につける人のことを想い、丹精込めて染め上げています。
長年草木染めの研究を重ね、天然草木の持つ最高の色合いを再現する技法を確立しました。
常に自然の草木の心と対話し、天然草木の本当の色が出るまで、何回も染め上げていきます。 そうして出来上がった本草木染めストール エルヴァクオーレは、世界に類を見ない至高の逸品なのです。







現代における消費者動向は“ブランド”“本物”“エコ”“健康”の志向に進んでいる事は顕著であります。
巷に言われている草木染め(自然染料)は、機械化による大量染色でコストが重要視され100%のピュアな草木染めはほとんど存在しないと言っても過言ではありません。そんな中、古代染織染師として頑なにポリシー貫き、希少な草木を原料とし古代の技法そのままに長い時間と熟練の技術を古代染めに注ぎ心を込めて染める古代染めは、真の本物を求めている消費者マインドにベストマッチするものです。







2015年8月5日〜11日 高島屋京都店1階婦人用品売場において特別フェアが開催されました。
デビューとしては申し分ない成績でした。とても暑い日が続いたにもかかわらず多くの人にご来場いただき、またお買い求めいただき、ありがとうございました。